食の問題を掘り下げ、流通、経済、政治、人口問題など回避不可な問題も山積みのなか、まずは自分の身を守るための食育。
「健全な精神は健全な肉体に宿る」を体現できる身体、環境づくり。
山菜食などのデトックスを学び体験する。

~命によって作られる命~ 食の「哲学」を学ぶ

人は食べたもので身体を作ります。それが何から出来ているのか?どういった素性なのか?不明瞭なものが多い時代です。もう一度原点に戻り食事とはどういうことなのかを考えます。

ありのままの姿で分割されていない状態のこと。葉や茎、皮も含めて食材を丸ごと使用します。 穀物を精白しないこと、野菜の皮をむかずに使うことや、根菜でも葉を用いること、小さい魚を丸ごと食べることを意味します。
「身と土、二つにあらず」、つまり人間の体と人間が暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉です。 言葉の起原は大昔の仏典に遡ることができますが、現在では食の思想として「その土地のものを食べ、生活するのがよい」という意味で使われています。
病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つためには欠くことができないもので、源は同じだという考えです。古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など必要としないという薬食同源の考えをもとにした造語とも言われています。

「理」を「料」る 料理を学ぶ

伝統料理は総じてその土地、地域性を最大限に活用したもの暖かい土地ではそれに合った料理があり、寒い地域ではその特性を生かした料理がある。

食育研修プログラム

【~七大栄養素とその役割~】
○講師:津田壮史
○時間:1時間
○内容:体を作る3大栄養素と身体のメンテナンスなどを行う
4大栄養素。その役割と意味を学ぶ

【~「中食産業」その役割と栄養学~】
○講師:津田壮史
○時間:1時間
○内容:外食と自炊の中間にあたる「中食」それらを支える総菜、冷凍食品などの実態
水煮野菜、カット野菜などの栄養学、サプリメントなどの栄養補助食品

【~都会の食育 簡単料理教室~】
○講師:津田壮史
○時間:2時間
○内容:カット野菜など野菜をふんだんに使った料理教室

【~デトックス 心身ともにリフレッシュ~】
○講師:津田壮史
○時間:2時間
○内容:自衛のために多くの外的なストレス、物質を毒素として体にため込む人間の体。
それらの毒素が及ぼすリスクを知り、毒出し(デトックス)する食を学ぶ。