陶芸

小石原焼

刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどによって表現される
独特の幾何学的な文様が特色
昭和29年柳宗悦やバーナード・リーチらが小石原を訪れ「用の美の極致である」
と絶賛したことで全国的に知られる

高取焼

織部風な古高取から小堀遠州の指導のもと 薄くて軽い瀟洒な焼物へと変わっていきます。
遠州が指導していた全国各地の焼物である『遠州七窯』の中でも高取焼は筆頭にあげられています。

御用窯であった髙取焼は藩主にのみ献上していた隠し窯。
名器をひとつ焼き上げると残りは全て割り捨てられるほど、徹底した献上品作りを通したために一般の世の中では出回ることはありませんでした。