小石原焼

刷毛目、飛び鉋、櫛描き、指描き、流し掛け、打ち掛けなどによって表現される
独特の幾何学的な文様が特色
昭和29年柳宗悦やバーナード・リーチらが小石原を訪れ「用の美の極致である」
と絶賛したことで全国的に知られる