伝統的な技×現代に必要とされるものづくりで世界の注目を集める

伝統を守り続ける昔ながらの作り方にこだわり続ける、

茶陶の伝統を守り続ける

髙取焼の窯元。髙取焼の名工初代雪山の茶陶としての伝統を守りながら、茶入、水指、花入などの茶道具を中心に制作している。

小石原の原料にこだわり新しいものを作る

小石原の材料にこだわり、代々受け継がれる技や知識を活かしながら現代に必要とされるものを思考し創り出している。使われる天然の材料は複雑な色や文様を生み出し、それは驚くほど自然に食卓に馴染む。最近人気が高いのは、経産省が主催する”The Wonder 500”に選出された”香るカップ”。ガラスのように薄く、軽く、これに淹れた茶やコーヒーは、香りがふわっとやわらかく、まろやかな味わいになる。

小石原にある茶陶

民芸陶器の里として親しまれている小石原も、その一時代に位置し、寛文年間に鼓で茶陶を、そして皿山中野の地で生活器を中心に産出したのに始まります。筑前黒田藩の御用窯の源流となる小石原の茶陶は、その後現在に至るまで、遠州七窯の一つとして、広く茶人に愛されてきました。

店名
鬼丸雪山窯
住所
福岡県朝倉郡東峰村大字小石原962-1
アクセス
電話番号
0946-74-2810
ウェブサイト
http://takatoriyaki.com/
営業時間
定休日

鬼丸雪山窯

福岡県朝倉郡東峰村大字小石原962-1